はちゃめちゃな授業を展開する塾講師。「だって,俺が頭使ったってしょうがないでしょ?」 キツイ言葉に泣き出す生徒もしばしば。でも成績上昇率と合格率はブッチギリ♪次世代教育の世界をのぞいて見ませんか?★コメント・質問・相談・など絡み大歓迎★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は中高一貫対策のための対策として,
どういう勉強が必要かを,
実際に私が授業する時を再現してみます。

今回お題にしてみるのは,
摩周湖
なぜ摩周湖かというと,
生徒の話(まりもっこり)からの派生です。

「まりもってどこの湖で有名なんだっけ?」

「えーっと摩周湖だっけ?」

「違うよ。阿寒湖だよ。」

「え?阿寒湖ってどこ?」

「北海道じゃなかったっけ?」

「じゃあ摩周湖は?」

「え~っと北海道?」


これは全部生徒の会話です。
え?
阿寒湖・摩周湖を知らない?
まぁ確かにある程度の知識は教え込んだ子供達の会話ですが,
中高一貫を受けるにあたっては,
私立受験レベルの知識もある程度必要
です。

ではここからが中高一貫校で必要とされる思考回路です。



摩周湖といえばなぜ霧なの?

まずは摩周湖の様子を見てみましょう。



さて,このような霧が摩周湖ではよく発生するのですが,
なぜ霧が発生するのでしょうか?





といきなり聞いても大体



「???」



で終わってしまうので,
ここは周辺知識から攻めます。



摩周湖って何?」

「北海道の湖…?」

「そうそう,北海道の湖。
他にも有名な湖なかった?」

「阿寒湖?」

「そうそう,阿寒湖!
他には?」

「ん~」

「屈斜路湖な。ところで阿寒湖で有名なものといえば…」

「まりも!」

「じゃあ摩周湖で有名なものは?」

「透明度が日本一高い湖!」

「そ,そしてその透明度と霧は大きく関連がある」



熱の伝わり方


熱の伝わり方には大きく3つの伝わり方があります。

①放射
②対流
③伝導

詳しくは端折りますが,
これは中学受験の常識です。

まずはこの3つを子供の口から出させます。
もし出てこなければ,実際の現象を元にヒントを出して,
何とか思い出してもらいます。
どうしてもわからなければ,もう一度教えなおしです(汗)

そしてこれと湖の透明度との関係は?

そう,透明度が高いため,湖の中のほうまで太陽の光が届きやすくなります。
すると放射により湖の内部が温められます。

さて,すると何がおきるでしょうか?



暖められた空気・水は軽くなる!

ここまで誘導できればこの先にまだまだ進めます。
しかしながら,出てこないようならば,突っ走って先を教えていっても
理解できずに混乱するだけなので,
各分野の復習をしっかりやっていきましょう。

とりあえず暖められた水が軽くなり,上昇することがわかれば,
湖の中で対流が起きることがわかります。

そして対流が起きると,
空気に比べると冷たい水が対流することになるので,
相対的に湖表面の気温は下がることになります。



霧が出来る条件とは?

空気が冷やされて,露点に達するために,
空気中に水を蓄えきれなくなり,水として空気中に出てくることにより発生します。
飽和水蒸気量という言葉をやるのは中学生になってからですが,
空気が冷やされて雲が出来るという所までは小学校でもやります。
つまり,この程度の推測が可能になるような思考回路を養う必要があるということです。

ここまででも十分ですが,
もう少し派生させます。



なぜ霧が晴れずに立ち込める?

これは摩周湖がある特徴を持ってできた湖だからです。

それがカルデラ湖というものです。
上の動画を見て頂ければわかるように,
火山の噴火で出来た所に水がたまってできた湖です。

つまり,四方が囲まれているので,空気が対流しやすいんですね。
ゆえに,発生した霧が吹き飛ばされること無く留まってしまう事が多いのです。



思考力を身につけるには,なぜ?なに?を考えさせろ!

なんとなく授業を聞いているだけでは「ふ~ん?」で終わってしまいます。
ここを考えさせることにより,思考力が身に付いていきます。

先生側としては,派生させられる知識が必要ですが,
先生をやっている人ならば大したことではないでしょう。
説明するよりも,誘導していった方が覚えやすくなります。

そして思考力を養うお題はいくらでも子供の話に転がっています。
今回の目的は思考力の養いなので,
最低限の知識は知っていることを前提として解説してしまいましたが,
もし知識があやしければ,その場所に戻って勉強すればいいのです。
親であれば,一緒に考えればいいのです。

ただ,この方法では正しい解説がわかりません。
しかしながら,考えることが大切なのであり,
考えることを目的としているので,
答えが合っているか間違っているかはこの際あまり気にすることではありません。

ただし,周辺知識だけは間違えて覚えさせないように注意しましょう♪
また,周辺事項の穴埋めは手を抜かずにすかさずやっていくことが大切です。


では今回はここまでです。
ぜひ子供達との会話の中で題材を見つけて,思考力を身につけて下さいね(*≧m≦*)
ぽちっとクリックお願いいたします☆



コメント・質問お待ちしております(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ


FC2ノウハウにも掲載されています
関連記事


追記を閉じる▲

まずは摩周湖の様子を見てみましょう。



さて,このような霧が摩周湖ではよく発生するのですが,
なぜ霧が発生するのでしょうか?





といきなり聞いても大体



「???」



で終わってしまうので,
ここは周辺知識から攻めます。



摩周湖って何?」

「北海道の湖…?」

「そうそう,北海道の湖。
他にも有名な湖なかった?」

「阿寒湖?」

「そうそう,阿寒湖!
他には?」

「ん~」

「屈斜路湖な。ところで阿寒湖で有名なものといえば…」

「まりも!」

「じゃあ摩周湖で有名なものは?」

「透明度が日本一高い湖!」

「そ,そしてその透明度と霧は大きく関連がある」



熱の伝わり方


熱の伝わり方には大きく3つの伝わり方があります。

①放射
②対流
③伝導

詳しくは端折りますが,
これは中学受験の常識です。

まずはこの3つを子供の口から出させます。
もし出てこなければ,実際の現象を元にヒントを出して,
何とか思い出してもらいます。
どうしてもわからなければ,もう一度教えなおしです(汗)

そしてこれと湖の透明度との関係は?

そう,透明度が高いため,湖の中のほうまで太陽の光が届きやすくなります。
すると放射により湖の内部が温められます。

さて,すると何がおきるでしょうか?



暖められた空気・水は軽くなる!

ここまで誘導できればこの先にまだまだ進めます。
しかしながら,出てこないようならば,突っ走って先を教えていっても
理解できずに混乱するだけなので,
各分野の復習をしっかりやっていきましょう。

とりあえず暖められた水が軽くなり,上昇することがわかれば,
湖の中で対流が起きることがわかります。

そして対流が起きると,
空気に比べると冷たい水が対流することになるので,
相対的に湖表面の気温は下がることになります。



霧が出来る条件とは?

空気が冷やされて,露点に達するために,
空気中に水を蓄えきれなくなり,水として空気中に出てくることにより発生します。
飽和水蒸気量という言葉をやるのは中学生になってからですが,
空気が冷やされて雲が出来るという所までは小学校でもやります。
つまり,この程度の推測が可能になるような思考回路を養う必要があるということです。

ここまででも十分ですが,
もう少し派生させます。



なぜ霧が晴れずに立ち込める?

これは摩周湖がある特徴を持ってできた湖だからです。

それがカルデラ湖というものです。
上の動画を見て頂ければわかるように,
火山の噴火で出来た所に水がたまってできた湖です。

つまり,四方が囲まれているので,空気が対流しやすいんですね。
ゆえに,発生した霧が吹き飛ばされること無く留まってしまう事が多いのです。



思考力を身につけるには,なぜ?なに?を考えさせろ!

なんとなく授業を聞いているだけでは「ふ~ん?」で終わってしまいます。
ここを考えさせることにより,思考力が身に付いていきます。

先生側としては,派生させられる知識が必要ですが,
先生をやっている人ならば大したことではないでしょう。
説明するよりも,誘導していった方が覚えやすくなります。

そして思考力を養うお題はいくらでも子供の話に転がっています。
今回の目的は思考力の養いなので,
最低限の知識は知っていることを前提として解説してしまいましたが,
もし知識があやしければ,その場所に戻って勉強すればいいのです。
親であれば,一緒に考えればいいのです。

ただ,この方法では正しい解説がわかりません。
しかしながら,考えることが大切なのであり,
考えることを目的としているので,
答えが合っているか間違っているかはこの際あまり気にすることではありません。

ただし,周辺知識だけは間違えて覚えさせないように注意しましょう♪
また,周辺事項の穴埋めは手を抜かずにすかさずやっていくことが大切です。


では今回はここまでです。
ぜひ子供達との会話の中で題材を見つけて,思考力を身につけて下さいね(*≧m≦*)
ぽちっとクリックお願いいたします☆



コメント・質問お待ちしております(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ


FC2ノウハウにも掲載されています
関連記事

FC2blog テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

【2010/09/16 01:10】 | 教育法
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。