はちゃめちゃな授業を展開する塾講師。「だって,俺が頭使ったってしょうがないでしょ?」 キツイ言葉に泣き出す生徒もしばしば。でも成績上昇率と合格率はブッチギリ♪次世代教育の世界をのぞいて見ませんか?★コメント・質問・相談・など絡み大歓迎★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の子は塾と習い事の併用は当たり前になってきています。
そのほとんどは
ピアノ野球サッカー・英会話・公文そろばん
です。
果たしてこれらは受験勉強と併用できるのでしょうか?



ピアノ

どこまで打ち込ませるかにもよりますが,
多くの場合,併用は可能です。
ただし,塾を優先して,勉強が遅れないようにする配慮は必要でしょう。
あくまで息抜きと趣味の範囲として捕らえる必要があると思います。
時々発表会やコンサートに行くほど本格的にやってらっしゃる方がいらっしゃいますが,
それならば,そちらの道で生きていくかどうかを決める必要があるかと思います。


野球サッカーなどのスポーツ

併用が可能なのはギリギリ5年生まででしょう。
5年生の段階で,成績に影響なく併用できているのであれば
小6では塾を優先する程度に留めて,
やめる必要まではありません。

ただ,成績の伸び悩みや目標ラインまで到達できていないのであれば,
速やかにやめて受験勉強に打ち込むべき
だと思います。

もちろん,受験勉強だけが人生の全てではないので,
併用させることにより,たとえ落ちたとしても人生勉強にするというのならば,
それはそれでアリです。

よく
「知り合いの○○ちゃんは併用しながら受かった」
という話を聞きますが,
それは珍しい話だから耳に残るだけです。
あまりにもそれが当たり前ならば,
そんなこと耳に残らないはずです。
つまり,ほぼ例外に近いことな訳です。
もしくは,受験の厳しさを知らないだけか…

いずれにしても無理とはいいませんが,
何を最優先すべきかは考えた上で,
結果に2つを求めないようにした方がよいかもしれません。



英会話

不要です。
趣味ならかまいませんが,
中学校に入ったあとの足しとして考えるのならば不要です。
慌てる必要はありません。
中学受験組はほとんどみなやっていないのですから。



公文そろばん

これらはその後にも活かせる勉強だと思っています。
しかしながら,これは車や自転車の変速機に例えると,

です。
いずれは2にシフトアップしなければ,
あっさり周りのみんなに追い抜かれてしまいます。

「もう高校生の範囲まで進んだ。」
などという話はよく聞きますが,
それで学年トップを取っているという話は聞いたことがありません。
1教科だけに特化していても受験では勝てないのです。
また,高校生の範囲まで進んだとはいえ,
それはあくまで一部の単元に絞っての話であって,
中学生の全範囲を満遍なく終わらせた訳ではないことに注意が必要です。



その他の習い事

基本的に私は習い事を否定しません。
受験との併用もかまわないと思っております。
ただし,受験には絶対確保時間というものが存在します。
受験に受かるために最低限必要な確保すべき時間という事です。
この勉強時間を切っている場合,
最低限の知識が確保できずに,思考力だけではカバーできなくなります。
つまり,合格は非常に難しいものとなります。

基本的に受験勉強が本格的に始まるのは小5からですから,
ある一定以上のレベル(いわゆる難関)と呼ばれる所を狙うならば,
受験勉強を最優先にすべきです。

そういう学校を狙うわけではないのであれば,
それなりの勉強時間の確保で構いません。

また,人生経験という意味ならば,
無駄な受験はまずできないでしょう。

では合格を目指してぽちっとクリック!(*≧m≦*)



コメント・質問お待ちしております(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ


FC2ノウハウにも掲載されています

関連記事


追記を閉じる▲

どこまで打ち込ませるかにもよりますが,
多くの場合,併用は可能です。
ただし,塾を優先して,勉強が遅れないようにする配慮は必要でしょう。
あくまで息抜きと趣味の範囲として捕らえる必要があると思います。
時々発表会やコンサートに行くほど本格的にやってらっしゃる方がいらっしゃいますが,
それならば,そちらの道で生きていくかどうかを決める必要があるかと思います。


野球サッカーなどのスポーツ

併用が可能なのはギリギリ5年生まででしょう。
5年生の段階で,成績に影響なく併用できているのであれば
小6では塾を優先する程度に留めて,
やめる必要まではありません。

ただ,成績の伸び悩みや目標ラインまで到達できていないのであれば,
速やかにやめて受験勉強に打ち込むべき
だと思います。

もちろん,受験勉強だけが人生の全てではないので,
併用させることにより,たとえ落ちたとしても人生勉強にするというのならば,
それはそれでアリです。

よく
「知り合いの○○ちゃんは併用しながら受かった」
という話を聞きますが,
それは珍しい話だから耳に残るだけです。
あまりにもそれが当たり前ならば,
そんなこと耳に残らないはずです。
つまり,ほぼ例外に近いことな訳です。
もしくは,受験の厳しさを知らないだけか…

いずれにしても無理とはいいませんが,
何を最優先すべきかは考えた上で,
結果に2つを求めないようにした方がよいかもしれません。



英会話

不要です。
趣味ならかまいませんが,
中学校に入ったあとの足しとして考えるのならば不要です。
慌てる必要はありません。
中学受験組はほとんどみなやっていないのですから。



公文そろばん

これらはその後にも活かせる勉強だと思っています。
しかしながら,これは車や自転車の変速機に例えると,

です。
いずれは2にシフトアップしなければ,
あっさり周りのみんなに追い抜かれてしまいます。

「もう高校生の範囲まで進んだ。」
などという話はよく聞きますが,
それで学年トップを取っているという話は聞いたことがありません。
1教科だけに特化していても受験では勝てないのです。
また,高校生の範囲まで進んだとはいえ,
それはあくまで一部の単元に絞っての話であって,
中学生の全範囲を満遍なく終わらせた訳ではないことに注意が必要です。



その他の習い事

基本的に私は習い事を否定しません。
受験との併用もかまわないと思っております。
ただし,受験には絶対確保時間というものが存在します。
受験に受かるために最低限必要な確保すべき時間という事です。
この勉強時間を切っている場合,
最低限の知識が確保できずに,思考力だけではカバーできなくなります。
つまり,合格は非常に難しいものとなります。

基本的に受験勉強が本格的に始まるのは小5からですから,
ある一定以上のレベル(いわゆる難関)と呼ばれる所を狙うならば,
受験勉強を最優先にすべきです。

そういう学校を狙うわけではないのであれば,
それなりの勉強時間の確保で構いません。

また,人生経験という意味ならば,
無駄な受験はまずできないでしょう。

では合格を目指してぽちっとクリック!(*≧m≦*)



コメント・質問お待ちしております(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ


FC2ノウハウにも掲載されています

関連記事

FC2blog テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

【2010/09/09 00:26】 | 英才教育
トラックバック(0) |


マロつぁん
おれは 公文に行ってます

でも特に勉強を進めたいからとかじゃなくて
学校よりも集中できて楽しいからですね

どうしても学校とかの皆で受ける
授業みたいな形での勉強は集中できないんです
進むなら自分の力で進めるだけ進みたいです



>マロつぁんさん
>マロつぁんさん
返事が遅くなって申し訳ありません!
ここ数日かなりのどたばたで全然家に帰れずでした…(涙)

公文いいですよね♪
自主的というのが意欲をそそってなおいいです(^^)
学校の授業も自分のペースで進められる工夫がされればいいのですが,
ほとんどの先生が,早く終わる子は邪魔者扱いしてしまうのが残念なところです…


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おれは 公文に行ってます

でも特に勉強を進めたいからとかじゃなくて
学校よりも集中できて楽しいからですね

どうしても学校とかの皆で受ける
授業みたいな形での勉強は集中できないんです
進むなら自分の力で進めるだけ進みたいです

2010/09/09(Thu) 17:06 | URL  | マロつぁん #-[ 編集]
>マロつぁんさん
返事が遅くなって申し訳ありません!
ここ数日かなりのどたばたで全然家に帰れずでした…(涙)

公文いいですよね♪
自主的というのが意欲をそそってなおいいです(^^)
学校の授業も自分のペースで進められる工夫がされればいいのですが,
ほとんどの先生が,早く終わる子は邪魔者扱いしてしまうのが残念なところです…
2010/09/13(Mon) 23:55 | URL  | >マロつぁんさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。