はちゃめちゃな授業を展開する塾講師。「だって,俺が頭使ったってしょうがないでしょ?」 キツイ言葉に泣き出す生徒もしばしば。でも成績上昇率と合格率はブッチギリ♪次世代教育の世界をのぞいて見ませんか?★コメント・質問・相談・など絡み大歓迎★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結論から言うと、
効果的です。



ただし、無駄になるかならないかは微妙な線です。



理屈ではない英単語や漢字などは書いて覚えるのが早いでしょう。


でも社会やら理科やらの、
何かの用語を書いて覚えるのはあまりいい方法とは言えません。





【英単語や漢字の覚え方】

連続で書くのは3~5回まで。
5回以上書いても10回書いても
効果はかわらず!



そして使うのは赤か青のボールペン。



心理学的にこの色は記憶に残りやすい色であることが実験からわかっています。



最後にかけていい時間。


10~15分。



そもそも机に座ってやる勉強としてはもったいない時間の使い方。

だからこういうのは机じゃない所で覚えるのがいい。



そして、ある程度覚えてきたら、
書くのではなく、
見て覚えていく。


これなら早いので、
一回で100個ぐらいはめざせる。



フラッシュカードを利用すると効果的☆



【勉強時間帯】


細切れの時間を有効活用すること。

寝る前と翌日の朝で同じものをやるのが効果的♪
関連記事

【2010/06/26 15:55】 | 学習法
トラックバック(0) |

No title
ララリエル
【ブログ訪問ありがとうございました(*´ω`*)】

また見に来てくださいね>w<

> ララリエルさん
詩音
こちらこそありがとうございました☆
今後ともよろしくお願いいたします(^^)
またお邪魔させて下さいね~♪

No title
ニャン吉です。
 書いた文が、どこかへ、気を取り直して、ニャン太も色々あって、小学校一年生の頃、エンピツ投げるは、勉強させようとすると、やけを起こすは、だから、教科書眺めて、暗記していたらしのですが、限界すぐきますよねぇ。いわいる。学習障害児 この言葉嫌いですが。
 せめて、ニャン次郎に、単語や、漢字少しでも、赤か、青のボールペンで、書かせれば良かったかな?なんせ、高校受験生です。都立の動物科に行きたいと、言っています。倍率1.5倍だそうです。う~ん。就職を考えるとなぁ。本人が行きたいと、言う所があるんだから。とも、思います。しかし、この暢気な、親の元、大丈夫か?先生にめぐり合えたのも、何かのご縁です。少しづつ アレンジして?やらせてみます。拒否したのは、横に置いて、   結果報告します。わたしの事だから、長続きしないかも?

Re: No title
詩音
そういう事情がおありでしたか…
知ったような口を利いてしまい申し訳ありませんでした。

確かに私の教えている子にそのようなお子様はいらっしゃらないので,
状況も現実も違うのかもしれませんが,

私はいい高校や大学に入れる事がいい教育だとは思っていません。

大切なのは,努力し,現実を受け入れ,次につなぐことだと思っています。

そのため,第1志望がダメかもしれないから第2志望を受けますというのは基本的に許しません。
逆にどこに行って何をしたいという本人の希望は一切否定しませんし,
学力や成績のことで責めたりはしません。
(やり方や意識に関しては徹底的に責めますが…(;^_^A

脳の障害ともなると医学的な部分が絡んでくるので無責任な事は言えませんが,
私個人的には,たとえどんな状況の子であっても,教育の根本は変わらないと思います。

本人がやりたい事があるのなら,それを応援してあげる。

人としての道を踏み外しそうになったらたしなめる。

あとはそういう状況を支えてあげられる周りの環境が整っているといいのですが…
でも今の子供たちは,世間一般的に言われているよりも優しい子供たちが増えているようですし(^^)

目標ややりたい事がある子は,学歴に関係なく,何かを成し遂げてくれるものです。

私の書いているものが少しでもそのお役に立てるのなら幸いです。
是非この先のお話も聞かせて下さい(*^-^)

管理人のみ閲覧できます
-


> ニャン吉さん
詩音
ブログ,読ませて頂きました。
話題にして頂けるなんて恐縮です。
本当にありがとうございます(^^)

ニャン吉さんのおっしゃる通り,机で学ぶことだけが勉強ではありません。
しかしながら,実際には先生ですら机で学ぶことが勉強だと思っている方が少なくありません。
たとえ事実はどうであれ,親達が普通に勉強できない子がいる所へ入れたがらないのも無理はないかもしれません。

どういう子供を育てたいかという事にもなると思いますが,
やはり私個人としては,ある程度型にはまった集団に属してきた人たちよりも,
色々な人に接してきた子の方が,
心のバリアフリー的な存在,といった感じでしょうか,
温かみのある人間が多い気がします。

どんな子でもみんなが同じ環境で協力し合える,
そんな世界を彼らが作っていけるといいですね♪


話していて,ふと思い出した事があるので,今日のブログのネタにしてみます(笑)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No title
【ブログ訪問ありがとうございました(*´ω`*)】

また見に来てくださいね>w<
2010/06/30(Wed) 13:30 | URL  | ララリエル #-[ 編集]
> ララリエルさん
こちらこそありがとうございました☆
今後ともよろしくお願いいたします(^^)
またお邪魔させて下さいね~♪
2010/07/02(Fri) 00:07 | URL  | 詩音 #M8fmrdFo[ 編集]
No title
 書いた文が、どこかへ、気を取り直して、ニャン太も色々あって、小学校一年生の頃、エンピツ投げるは、勉強させようとすると、やけを起こすは、だから、教科書眺めて、暗記していたらしのですが、限界すぐきますよねぇ。いわいる。学習障害児 この言葉嫌いですが。
 せめて、ニャン次郎に、単語や、漢字少しでも、赤か、青のボールペンで、書かせれば良かったかな?なんせ、高校受験生です。都立の動物科に行きたいと、言っています。倍率1.5倍だそうです。う~ん。就職を考えるとなぁ。本人が行きたいと、言う所があるんだから。とも、思います。しかし、この暢気な、親の元、大丈夫か?先生にめぐり合えたのも、何かのご縁です。少しづつ アレンジして?やらせてみます。拒否したのは、横に置いて、   結果報告します。わたしの事だから、長続きしないかも?
2010/07/07(Wed) 10:36 | URL  | ニャン吉です。 #-[ 編集]
Re: No title
そういう事情がおありでしたか…
知ったような口を利いてしまい申し訳ありませんでした。

確かに私の教えている子にそのようなお子様はいらっしゃらないので,
状況も現実も違うのかもしれませんが,

私はいい高校や大学に入れる事がいい教育だとは思っていません。

大切なのは,努力し,現実を受け入れ,次につなぐことだと思っています。

そのため,第1志望がダメかもしれないから第2志望を受けますというのは基本的に許しません。
逆にどこに行って何をしたいという本人の希望は一切否定しませんし,
学力や成績のことで責めたりはしません。
(やり方や意識に関しては徹底的に責めますが…(;^_^A

脳の障害ともなると医学的な部分が絡んでくるので無責任な事は言えませんが,
私個人的には,たとえどんな状況の子であっても,教育の根本は変わらないと思います。

本人がやりたい事があるのなら,それを応援してあげる。

人としての道を踏み外しそうになったらたしなめる。

あとはそういう状況を支えてあげられる周りの環境が整っているといいのですが…
でも今の子供たちは,世間一般的に言われているよりも優しい子供たちが増えているようですし(^^)

目標ややりたい事がある子は,学歴に関係なく,何かを成し遂げてくれるものです。

私の書いているものが少しでもそのお役に立てるのなら幸いです。
是非この先のお話も聞かせて下さい(*^-^)
2010/07/07(Wed) 22:50 | URL  | 詩音 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/07/08(Thu) 09:14 |   |  #[ 編集]
> ニャン吉さん
ブログ,読ませて頂きました。
話題にして頂けるなんて恐縮です。
本当にありがとうございます(^^)

ニャン吉さんのおっしゃる通り,机で学ぶことだけが勉強ではありません。
しかしながら,実際には先生ですら机で学ぶことが勉強だと思っている方が少なくありません。
たとえ事実はどうであれ,親達が普通に勉強できない子がいる所へ入れたがらないのも無理はないかもしれません。

どういう子供を育てたいかという事にもなると思いますが,
やはり私個人としては,ある程度型にはまった集団に属してきた人たちよりも,
色々な人に接してきた子の方が,
心のバリアフリー的な存在,といった感じでしょうか,
温かみのある人間が多い気がします。

どんな子でもみんなが同じ環境で協力し合える,
そんな世界を彼らが作っていけるといいですね♪


話していて,ふと思い出した事があるので,今日のブログのネタにしてみます(笑)
2010/07/08(Thu) 22:08 | URL  | 詩音 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。