はちゃめちゃな授業を展開する塾講師。「だって,俺が頭使ったってしょうがないでしょ?」 キツイ言葉に泣き出す生徒もしばしば。でも成績上昇率と合格率はブッチギリ♪次世代教育の世界をのぞいて見ませんか?★コメント・質問・相談・など絡み大歓迎★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

というかっこいいタイトルをつけてしまいましたが、
結論から申し上げると、
守りたい・助けたいという思いがどれだけ強いか、
だけで決まります。

それゆえ、今回は
「友達を守るためなら何でもします!」
という境地に立ったという前提
のお話になりますが、
1つでも参考になればそれでかなり変わってくるのではないかと思います。



とにかく話を聞く

話すというのは不思議で、これだけでかなり精神的に楽になります。
私自身もそうなのですが、何かあるととにかく話しまくります。
誰彼かまわず話まくります。
こうする事で、たいていの場合、自分で話ながら解決策を見つけ、
自己解決してしまうもの
なのです。

別に答えを提示してあげるまでしなくてもいいのです。
ただ聞いて、一緒に悩んで、それだけで精神的負担がかなり軽くなるものなのです。

とはいえ、話せるなら苦労しないのが現状。。。
誰にも話せないからこそいじめの対象になっているという場合も結構ありますし。

なので、もし相談されたのなら、
相談できる相手がそんなにいない中の一人という事でしょうから、
とにかく一緒にいる時間を増やして、
何でも話せる環境を作ってあげてください。



相談する相手を増やすように勧める

これは「自分には相談しないで」ととらわれないように注意しなければなりません。
色々な人に相談することで、解決の可能性が増えるという事を伝えるのです。

例えばもしこのブログの読者さんの友達がいじめにあっているのなら、
「詩音先生に相談してみたらどうかな?」
と言って見るのもいいかもしれません。
自分のブログで不特定多数の人に相談を持ちかけてみるのもいいかもしれません。
友達に知られていないサイトを作り、
そこでネット上だけの友達を作って相談するのもいいかもしれません。

とにかくはけ口を作ってあげる事が急務です。
際限なくせき止められるダムなど存在しませんから。




親に相談する

これは自分の親に、という意味です。
「友達がさ、今いじめられててさ…」
といった感じで相談してみるのです。
反応は様々でしょうが、自分の子供が一番かわいい事に違いはないと思います。
一見友達の事なのに自分の親に相談しても無意味そうに思いますが、
もし友達だけでなく、自分にも被害が及んできた時には、
親が必ず助けてくれます


その時、もし親が何も知らない状態では助けようにも出遅れになってしまう可能性があります。
心配性の親だとすぐに学校に連絡したりしがちですが、
それはそれで構いません。
「何でもかんでも親にいいつけて」
というレッテルを張られてしまうのが怖いという子も結構いるのですが、
そんなことより、友達が傷つく方が怖いと思いませんか?



いじめには集団で立ち向かえ!

ほとんどの場合、いじめ集団心理が生み出す『保身』によるものです。
集団から外れたら自分がまたいじめられる…
いじめる側にすらそんな心理が働いて、自分の行為を正当化してしまうのです。
冷静に考えればそれがいいことか悪いことかわかるはずなのですが…

それに対して友人に対して一緒に立ち向かおうとする人はとてもすごい勇気の持ち主だと思います。
しかしながら、いじめは1人では成立しないもので、
必ず後ろに何人かいじめを正当化している人達がいる訳ですから、
こちらも人数を増やして対抗しなければなりません。

一般的に、いじめは3人以上いて初めて成立します。
そのため、こちらも最低3人はいじめられている子側に立った人を作る必要があります。
打ち消し合えないと、人数でいじめに負けてしまいますから。



準備が整ったら戦争だ!

本当に戦争を始めちゃだめですよ?

まずは上記のようにいじめている人の人数を上回ると思われる相談相手を確保します。
それだけの相談相手がいれば、何かあった時に助けになってくれるはずです。

準備が整ったら、後はいじめられている側に毅然とした態度を取るように勧めます。
もちろん急にはうまくいかないと思いますが、
ズバッと言えれば次第に相手もひるんできます。

そしてその人数にいじめる側も圧倒されれば、いじめは自然消滅していきます。
結局はいじめもほとんどが数の暴力なので、
見方の人数を一人でも多く確保すれば、
理論的には消滅させられるのです。



暴力が絡むいじめ


一番やっかいですね。
下手をすれば死んでしまいます。
自殺に追い込むことすらあります。

もし、実際に暴力を振るわれているのなら、
迷わず警察へ相談しましょう。
こういうのを学校へ相談しても、
下手をするともみ消されるだけです。

暴力は立派な犯罪です。
ただし、警察も証拠がないと動けない事が多いので、
最初は相談のみ、うまくいけば学校側に警察から連絡が行きます。
もし学校側に連絡が行かなくても、
こちらから「警察に相談済みです」と言ってしまえば、
学校側も動かざるをえません。
動かずに事が発展したら責任問題になりますから。

大抵の中高生は警察に相談が行ったというだけでビビッて手を出せなくなるので、
これだけでも効果はあるはずですが、
それでもいじめられるようなら、
迷わずいじめられているその場で警察へ連絡しましょう。
最近は携帯を持っている子も多いので、
常に持ち歩いていればいつでもかけられるはずです。

実際に警察が動いてくれるかどうかはさておき、
警察に連絡しているというだけでもかなりの牽制(けんせい)になるものなのです。



それでもいじめが解決できなければ?

訴えましょう。
実際に暴力を振るわれているのなら、傷害罪が適応されるはずです。
そこまでやって治らなければ、
身をもって法の裁きで体験してもらうのが一番です。


よろしければぽちっとクリックお願いいたします☆



コメント・質問お待ちしております(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ
FC2ノウハウ
関連記事

FC2blog テーマ:"いじめ"問題 - ジャンル:学校・教育

【2010/10/09 16:23】 | 教育法
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



もえ
こんばんは!
お久し振りです、もえです^^

おぉ、そうだったんですね!
実は、あたしのクラスでも
ワヤクチャあったりするので・・・

ためになりました☆


>感電黒猫さん
>感電黒猫さん
いえいえ、こちらこそ話題の提供ありがとうございます♪
しかしいじめは重い問題です。
あんなちょろっと書いただけで解決できる単純な問題だとは思っていません。
何かあったら遠慮なく話してくださいね☆

>もえさん
>もえさん
お久ぶりです♪
そうでしたか~
いじめなんてなければいいんですけど、
集団生活ではどうしてもできてしまうんですよね…
うまい対処法が見つかることをお祈り申し上げます。


shadow
お久しぶりです! shadowです!

全然 詩音先生のブロ 見に行けてなくて・・・
本当にすみません・・・


>>ほとんどの場合、いじめは集団心理が生み出す『保身』によるものです。
集団から外れたら自分がまたいじめられる…
いじめる側にすらそんな心理が働いて、自分の行為を正当化してしまうのです。

なるほどな と思いました。
こんな心理があるからこそ
いじめはエスカレートする・・・
まさに悪循環ですね・・・

自分も いじめられている友達を守るときは
毅然とした態度で 相手?に立ち向かいたいと思います!

詩音先生は いじめられていた事とかってあるんですか??

>shadowさん
>shadowさん
いえいえ、いつもありがとうございます♪
ふと思い出した時にでもいつでも気軽に寄ってみてください(^^)

いじめが起きない環境というのは理想ですよね。。。
でもどう頑張っても小さいものも含めればいじめは存在してしまいます。
うちの学校にはいじめはありませんなんていうのは詭弁です。
小さいいじめまで見えていないと言っているようなものです。
※少人数の学校ならばいじめがないことはあり得ます。

ちなみに私もいじめの経験はありますよ(笑)
気にしないそぶりをしていましたが、
実は結構傷ついていました。

それも今にしてみれば、
自分の行動ひとつで変えられたと思うんですよね。
でも当時はその方法を知らなかった。。。
結果そういう経験を糧(かて)にして今の自分があると言ってしまえばその通りなので、
全てが悪い思い出だとは思っていませんが、
それも過ぎてしまった今だから思う事。

今現実にいじめにあっている子達にそんなことを言ってもわかってもらえないでしょう。
私ができることは、
その経験を糧にする方法を教える、
もしくはいじめられないようにする方法を教える、
いじめを許さない精神状態を作るといったところでしょうか。

もちろんなくなってくれるに越したことはありませんね。。。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/10/10(Sun) 20:47 |   |  #[ 編集]
こんばんは!
お久し振りです、もえです^^

おぉ、そうだったんですね!
実は、あたしのクラスでも
ワヤクチャあったりするので・・・

ためになりました☆
2010/10/10(Sun) 21:30 | URL  | もえ #-[ 編集]
>感電黒猫さん
いえいえ、こちらこそ話題の提供ありがとうございます♪
しかしいじめは重い問題です。
あんなちょろっと書いただけで解決できる単純な問題だとは思っていません。
何かあったら遠慮なく話してくださいね☆
2010/10/11(Mon) 01:39 | URL  | >感電黒猫さん #-[ 編集]
>もえさん
お久ぶりです♪
そうでしたか~
いじめなんてなければいいんですけど、
集団生活ではどうしてもできてしまうんですよね…
うまい対処法が見つかることをお祈り申し上げます。
2010/10/11(Mon) 01:41 | URL  | >もえさん #-[ 編集]
お久しぶりです! shadowです!

全然 詩音先生のブロ 見に行けてなくて・・・
本当にすみません・・・


>>ほとんどの場合、いじめは集団心理が生み出す『保身』によるものです。
集団から外れたら自分がまたいじめられる…
いじめる側にすらそんな心理が働いて、自分の行為を正当化してしまうのです。

なるほどな と思いました。
こんな心理があるからこそ
いじめはエスカレートする・・・
まさに悪循環ですね・・・

自分も いじめられている友達を守るときは
毅然とした態度で 相手?に立ち向かいたいと思います!

詩音先生は いじめられていた事とかってあるんですか??
2010/10/13(Wed) 21:44 | URL  | shadow #/5UrdHk2[ 編集]
>shadowさん
いえいえ、いつもありがとうございます♪
ふと思い出した時にでもいつでも気軽に寄ってみてください(^^)

いじめが起きない環境というのは理想ですよね。。。
でもどう頑張っても小さいものも含めればいじめは存在してしまいます。
うちの学校にはいじめはありませんなんていうのは詭弁です。
小さいいじめまで見えていないと言っているようなものです。
※少人数の学校ならばいじめがないことはあり得ます。

ちなみに私もいじめの経験はありますよ(笑)
気にしないそぶりをしていましたが、
実は結構傷ついていました。

それも今にしてみれば、
自分の行動ひとつで変えられたと思うんですよね。
でも当時はその方法を知らなかった。。。
結果そういう経験を糧(かて)にして今の自分があると言ってしまえばその通りなので、
全てが悪い思い出だとは思っていませんが、
それも過ぎてしまった今だから思う事。

今現実にいじめにあっている子達にそんなことを言ってもわかってもらえないでしょう。
私ができることは、
その経験を糧にする方法を教える、
もしくはいじめられないようにする方法を教える、
いじめを許さない精神状態を作るといったところでしょうか。

もちろんなくなってくれるに越したことはありませんね。。。
2010/10/14(Thu) 00:14 | URL  | >shadowさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。