はちゃめちゃな授業を展開する塾講師。「だって,俺が頭使ったってしょうがないでしょ?」 キツイ言葉に泣き出す生徒もしばしば。でも成績上昇率と合格率はブッチギリ♪次世代教育の世界をのぞいて見ませんか?★コメント・質問・相談・など絡み大歓迎★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親として子供に一番最初にしつける事になるのはおそらくトイレ食事でしょう。
いつごろに始めるかは家庭により差があるようですが、
大体の幼稚園でお泊り会があるため、
それまでにはトイレ教育をしておこうとするのが一般的なようです。
一般的には2~3歳ぐらいのようですね。

この時に男の子でも最近は座ってトイレをさせるケースが増えてきているようですが、
とにかくトイレをきれいに使うことを教え込ませる事が多いようです。

そしてこの時のしつけがそのまま成長したあとの几帳面さにつながっていきます。



■夜寝る前にトイレに行かせる

やはり寝ている間におもらしをしてしまうのをなるべく防ぐためにはこれが一番ですね。
トイレしつけとは一見無関係そうですが、
これがそのうち自分自身をコントロールする基礎になるそうです。



■こぼしたら綺麗にする

主に男の子ですが、幼稚園に近い年齢になると、
遊ぶ方ばかり気になって、トイレをさっさとすまそうとし、
入っていなくても気にしない子は多いようです。
こういう所でしっかりときれいにさせるという習慣をつけることが、
後々の自分の身辺整理能力の基礎になっていきます。



■しっかり拭く

まぁ、そういう事です。
お掃除は大切です。
掃除ができない子になってしまうのは、
この部分のしつけに起因しているかも…



■おねしょの片づけは自分で

とはいえ、年齢によっては無理。
ある程度の年齢になったら、自分で片付けさせるようにすると、
家事手伝いのできる子につながってくるかもしれません。



食事の方も見てみましょう。



■こぼしたものは片付けさせる

これも年齢によりけりですが、
言葉がわかる年齢になったのならさせてもいいかと思います。
散らかしっぱなしはそのあとも大きな影響を与えます。



■ある程度のマナーは身につけさせる。

昨今の親は箸の持ち方すら教育できないという話もありますが、
そういう食事の時のマナーぐらいはなるべく早めにご家庭で身につけさせましょう。
また、食事中にテレビを見るという習慣をこの時期につけさせてしまうと、
大体その後も引きづります。
もちろん家族で楽しめるテレビなら構いませんが、
家族でテレビを取り合うような光景は見せないようにしましょう。



■皿洗いは自分で
これも幼稚園ぐらいまでは難しいとは思いますが、
きっかけをなるべく作って早めにしつけてしまいたいものです。
ほとんどのご家庭で中学生ぐらいになってから

「皿洗いぐらいやりなさい!」

みたいに言っているのを聞くのですが、
こんなのは小学生に入る前にしつけてしまうものなのです。
でないと、皿洗いは親のやること、という意識が根付いてしまうのです。



他にもその後の人生につながってくるしつけのきっかけとなるものがありますが、
大きいところではこんなところでしょうか。

1点注意して頂きたい事があります。
ここに書いたしつけは、
基本的にできなかったら叱って教育するものではなく、
自分でできたらすかさず褒めて教育するもの
です。

叱り飛ばして教育しても、反発してうまくしつけられなくなることも少なくありません。
逆に褒めておだててしつけた場合、
その先成長していってもそれが当たり前となるしつけになるようです。



「あ~今更手遅れだー!」

と思う必要はありません。
人というのは変わるものです。
成長していくにつれて環境要因の影響を受けるようになるので、
あるとき突然きれい好きになるなんて事も十分起こりえます。

もちろん誘導する必要がある場合もありますが、
意志さえあれば、いくつになっても変われるのです。
とりあえず中学生高校生であってもまだ子供。
基本は褒めてしつけるのが得策です(*^-^)

よろしければぽちっとクリックお願いいたします☆



コメント・質問お待ちしております(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ



FC2ノウハウにも掲載されています
関連記事


追記を閉じる▲

やはり寝ている間におもらしをしてしまうのをなるべく防ぐためにはこれが一番ですね。
トイレしつけとは一見無関係そうですが、
これがそのうち自分自身をコントロールする基礎になるそうです。



■こぼしたら綺麗にする

主に男の子ですが、幼稚園に近い年齢になると、
遊ぶ方ばかり気になって、トイレをさっさとすまそうとし、
入っていなくても気にしない子は多いようです。
こういう所でしっかりときれいにさせるという習慣をつけることが、
後々の自分の身辺整理能力の基礎になっていきます。



■しっかり拭く

まぁ、そういう事です。
お掃除は大切です。
掃除ができない子になってしまうのは、
この部分のしつけに起因しているかも…



■おねしょの片づけは自分で

とはいえ、年齢によっては無理。
ある程度の年齢になったら、自分で片付けさせるようにすると、
家事手伝いのできる子につながってくるかもしれません。



食事の方も見てみましょう。



■こぼしたものは片付けさせる

これも年齢によりけりですが、
言葉がわかる年齢になったのならさせてもいいかと思います。
散らかしっぱなしはそのあとも大きな影響を与えます。



■ある程度のマナーは身につけさせる。

昨今の親は箸の持ち方すら教育できないという話もありますが、
そういう食事の時のマナーぐらいはなるべく早めにご家庭で身につけさせましょう。
また、食事中にテレビを見るという習慣をこの時期につけさせてしまうと、
大体その後も引きづります。
もちろん家族で楽しめるテレビなら構いませんが、
家族でテレビを取り合うような光景は見せないようにしましょう。



■皿洗いは自分で
これも幼稚園ぐらいまでは難しいとは思いますが、
きっかけをなるべく作って早めにしつけてしまいたいものです。
ほとんどのご家庭で中学生ぐらいになってから

「皿洗いぐらいやりなさい!」

みたいに言っているのを聞くのですが、
こんなのは小学生に入る前にしつけてしまうものなのです。
でないと、皿洗いは親のやること、という意識が根付いてしまうのです。



他にもその後の人生につながってくるしつけのきっかけとなるものがありますが、
大きいところではこんなところでしょうか。

1点注意して頂きたい事があります。
ここに書いたしつけは、
基本的にできなかったら叱って教育するものではなく、
自分でできたらすかさず褒めて教育するもの
です。

叱り飛ばして教育しても、反発してうまくしつけられなくなることも少なくありません。
逆に褒めておだててしつけた場合、
その先成長していってもそれが当たり前となるしつけになるようです。



「あ~今更手遅れだー!」

と思う必要はありません。
人というのは変わるものです。
成長していくにつれて環境要因の影響を受けるようになるので、
あるとき突然きれい好きになるなんて事も十分起こりえます。

もちろん誘導する必要がある場合もありますが、
意志さえあれば、いくつになっても変われるのです。
とりあえず中学生高校生であってもまだ子供。
基本は褒めてしつけるのが得策です(*^-^)

よろしければぽちっとクリックお願いいたします☆



コメント・質問お待ちしております(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ



FC2ノウハウにも掲載されています
関連記事

FC2blog テーマ:子供の教育 - ジャンル:学校・教育

【2010/09/29 00:21】 | 教育法
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


>ジュリアさん
>ジュリアさん
なかなか大変そうですね(^▽^;)
問題用紙に答えを書いておくのは子供にとって常識ではありませんよ!
しつけずとも最初からこれができている子は
今まで数千名という子供を見てきましたが、
数名だけです。

しかもいくら言っても「時間がない」などと言い訳して書いてきません。
これは何度も繰り返して、
しっかりしつけなければならないのです。

一度利点に気づいてしまえば楽なんですけどねぇ…
しかし驚くほど素直なお子様ですね!
まさに芸術家って感じです(^^)

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/09/29(Wed) 07:54 |   |  #[ 編集]
>ジュリアさん
なかなか大変そうですね(^▽^;)
問題用紙に答えを書いておくのは子供にとって常識ではありませんよ!
しつけずとも最初からこれができている子は
今まで数千名という子供を見てきましたが、
数名だけです。

しかもいくら言っても「時間がない」などと言い訳して書いてきません。
これは何度も繰り返して、
しっかりしつけなければならないのです。

一度利点に気づいてしまえば楽なんですけどねぇ…
しかし驚くほど素直なお子様ですね!
まさに芸術家って感じです(^^)
2010/09/30(Thu) 00:08 | URL  | >ジュリアさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。