はちゃめちゃな授業を展開する塾講師。「だって,俺が頭使ったってしょうがないでしょ?」 キツイ言葉に泣き出す生徒もしばしば。でも成績上昇率と合格率はブッチギリ♪次世代教育の世界をのぞいて見ませんか?★コメント・質問・相談・など絡み大歓迎★
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよやってきました国勢調査
に1度となれば入試で狙われてもおかしくない分野です。
ちゃんと子供に

国勢調査って何?」

と聞いてみましたか?
大人からしてみると、「あぁまたか」という感じかもしれませんが、
子供からしてみると新鮮なものです。

「5前にもやったじゃないか」

とか言ってはいけません。
同じものでも5前とは違う価値観で捉える、
これが子供
です。



とはいえ
「話す方が国税調査をよくわかっていなければ話せないじゃないか!」
と思うかもしれませんが、別に知っている必要などないのです。
知らないのなら、子供と一緒に調べればいいじゃないですか♪

これを読んでいる子もせっかくの機会なので、
国税調査の用紙を親に見せてもらいましょう(^^)

せっかくなのでクイズ形式にするために、
本文を白くしておきますね。
マウスなどでドラッグすれば反転して見ることができるはずです。
携帯からだとどうやるんだろ…
見る方法がわかったら教えてください(笑)



前回は何前?

前回は【前です。
毎回【ごとに行っています。
つまり、前回の実施は西暦【2005ですね。
そして今回で【18】回目です。


何のためにやるの?

人口】及び、その【性別】や【年齢】、【配偶】の関係、【就業】の状態や【世帯】の構成といった
「人口及び世帯」に関する各種属性のデータ、
日本国内の人口、世帯、就業者からみた【産業構造】などの状況を、
地域別に明らかにする統計を得るために行われます。



誰が調査対象?

10月1日現在、【日本国内にふだん住んでいるすべての人】を、 ふだん住んでいるところで調査します。
このため、日本に住んでいる【外国人】も、調査の対象となります。



どこが調査しているの?

総務】省の統計局です。



提出しないとどうなるの?

罰則】があります。

統計法第5条
 政府、地方公共団体の長又は教育委員会は、指定統計調査のため、
人又は法人に対して申告を命ずることができる。
 また義務をはたさない場合の罰則については
「6ヶ月以下の懲役・禁固又は10万円以下の罰金」
と記されています(第19条)。


が、実際にはこれで罰則を受けたという話は聞いたことがありません。
しかしながら、なるべく正確な数字を出すことが、
今後の正確な見通しにつながるので、
いい加減にはやらないようにしましょう♪



回答方式は?

マークシート】です。
投票用紙を選ばせる問題が入試問題に出るぐらいです。
これもぜひ実際に見ておきましょう♪



調査結果は見られる?

どなたでも見られます。
インターネットで総務省のホームページにアクセスすれば概要は見ることができます。

平成17年国勢調査の概要
平成17年国勢調査の集計体系(エクセル:43KB)

また、もっと詳しい元のデータを知りたければ、
総務省図書館や、国立国会図書館などに行けば見ることができます。

この資料は一般人にとっても、
ビジネスや産業にはかかせない重要な資料となります。



生真面目に勉強しなさいというつもりはありませんが、
こういう機会は逃さず知識を増やす分野につなげていきたいですね♪

よろしければぽちっとクリックお願いいたします☆



コメント・質問お待ちしております(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

関連記事


追記を閉じる▲
大人からしてみると、「あぁまたか」という感じかもしれませんが、
子供からしてみると新鮮なものです。

「5前にもやったじゃないか」

とか言ってはいけません。
同じものでも5前とは違う価値観で捉える、
これが子供
です。



とはいえ
「話す方が国税調査をよくわかっていなければ話せないじゃないか!」
と思うかもしれませんが、別に知っている必要などないのです。
知らないのなら、子供と一緒に調べればいいじゃないですか♪

これを読んでいる子もせっかくの機会なので、
国税調査の用紙を親に見せてもらいましょう(^^)

せっかくなのでクイズ形式にするために、
本文を白くしておきますね。
マウスなどでドラッグすれば反転して見ることができるはずです。
携帯からだとどうやるんだろ…
見る方法がわかったら教えてください(笑)



前回は何前?

前回は【前です。
毎回【ごとに行っています。
つまり、前回の実施は西暦【2005ですね。
そして今回で【18】回目です。


何のためにやるの?

人口】及び、その【性別】や【年齢】、【配偶】の関係、【就業】の状態や【世帯】の構成といった
「人口及び世帯」に関する各種属性のデータ、
日本国内の人口、世帯、就業者からみた【産業構造】などの状況を、
地域別に明らかにする統計を得るために行われます。



誰が調査対象?

10月1日現在、【日本国内にふだん住んでいるすべての人】を、 ふだん住んでいるところで調査します。
このため、日本に住んでいる【外国人】も、調査の対象となります。



どこが調査しているの?

総務】省の統計局です。



提出しないとどうなるの?

罰則】があります。

統計法第5条
 政府、地方公共団体の長又は教育委員会は、指定統計調査のため、
人又は法人に対して申告を命ずることができる。
 また義務をはたさない場合の罰則については
「6ヶ月以下の懲役・禁固又は10万円以下の罰金」
と記されています(第19条)。


が、実際にはこれで罰則を受けたという話は聞いたことがありません。
しかしながら、なるべく正確な数字を出すことが、
今後の正確な見通しにつながるので、
いい加減にはやらないようにしましょう♪



回答方式は?

マークシート】です。
投票用紙を選ばせる問題が入試問題に出るぐらいです。
これもぜひ実際に見ておきましょう♪



調査結果は見られる?

どなたでも見られます。
インターネットで総務省のホームページにアクセスすれば概要は見ることができます。

平成17年国勢調査の概要
平成17年国勢調査の集計体系(エクセル:43KB)

また、もっと詳しい元のデータを知りたければ、
総務省図書館や、国立国会図書館などに行けば見ることができます。

この資料は一般人にとっても、
ビジネスや産業にはかかせない重要な資料となります。



生真面目に勉強しなさいというつもりはありませんが、
こういう機会は逃さず知識を増やす分野につなげていきたいですね♪

よろしければぽちっとクリックお願いいたします☆



コメント・質問お待ちしております(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

関連記事

FC2blog テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

【2010/09/27 22:39】 | 教育法
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。